コワーキングスペース、レンタルオフィス、シェアオフィスのいずれも、
一つの空間を複数の企業・人が共有する施設ですが、利用形態は大きく異なります。
求める執務環境や他企業とのつながりの必要性などの視点で、自社にあった最適な形態を選びましょう。

コワーキングスペース、レンタルオフィス、シェアオフィスの一般的な違い

コワーキングスペース

施設をみる
コワーキングスペース画像1
コワーキングスペース画像2
  • オープンスペースをフリーアドレス形式で利用
  • 入居者間のコミュニケーションやコミュニティ形成を重視しており、人脈やビジネスの新たなアイデアを生み出したい企業向け
  • レンタルオフィスに比べて安価

レンタルオフィス

施設をみる
レンタルオフィス画像1
レンタルオフィス画像2
  • 個室の占有スペースを利用
  • プライバシーが確保されており、情報セキュリティに配慮が必要な業務を行う企業向け
  • コワーキングスペース、シェアオフィスに比べて高価

シェアオフィス

施設をみる
シェアオフィス画像1
シェアオフィス画像2
  • オープンスペースをフリーアドレス形式で利用
  • 入居者間のコミュニケーションは重視されず、集中して仕事ができる環境を確保したい企業向け
  • レンタルオフィスに比べて安価

上記は一般的な区分であり、固定席を設けているシェアオフィスなどもあります。
また、利用可能時間やコピー機等の設備の利用、ドロップイン(一時利用)・登記・郵便物の受取等の可否は、施設やプランにより異なります。
雰囲気やコンセプトも施設ごとに大きく異なりますので、施設一覧ページや各施設のホームページをご覧頂き、希望に沿う施設をお探しください。